ヒューマンライツ・ナウの児童ポルノに関する報告が物議を醸していますね。
日本の児童ポルノをめぐる実情について調査報告書を公表。子どもたちを守るために何が求められているのか。

アダルトコンテンツに7年ほど携わってきた私としては、まぁこういう趣向がある人が一定数存在するのは当然だと思ってるので、どうしてそれを捏造してまで否定しようとするのか疑問に感じるところです。
現場の生の声でも出てくればいいのですが、子供がまったく出てきませんからね。

この記事は少なくとも「子供の人権を守る」ものではなく、「大人の趣味の人格を否定する」ものだと思います。