webサイト開設当初から苦しんでいたThunderbirdでのメール設定がようやくできました。
さくらのメール設定は公式の情報が古く、ネットに書いてある情報も嘘ばっかりです。

まず受信サーバーの設定から。

【受信サーバ】これでいけました
・サーバーの種類:IMAP
・サーバー名:初期ドメイン(○○○.sakura.ne.jp)
・ユーザー名:メールアドレスをそのまま(○○○@○○○.com)
・ポート:143
・接続の保護:STARTTLS
・認証方式:通常のパスワード認証


【嘘情報】
・さくら公式では「ポート番号は110」と言ってる
・検索でヒットするブログは「ポート番号は993」と言ってる
・ブログによっては「993と143どっちでもいける」と言ってる

情報錯綜しすぎですね。公式が嘘情報載っけてるってどういうことですかね。
サーバーの仕様変えたにしたって最新の情報が検索でヒットしないのはおかしいですよ。

次は送信(SMTP)サーバー

【送信サーバ】これでいけました
・サーバー名:初期ドメイン(○○○.sakura.ne.jp)あるいは独自ドメイン(○○○.com)
・ユーザー名:メールアドレスをそのまま(○○○@○○○.sakura.ne.jp あるいは ○○○@○○○.com)
・ポート:587
・接続の保護:STARTTLS
・認証方式:暗号化されたパスワード認証


【嘘情報】
・初期ドメインと独自ドメインどっちでもいける
(厳密には嘘ではない)

送信サーバー設定は、Thunderbird 45では初期ドメインと独自ドメインで
メール送信時の挙動が変わりました。
初期ドメインでは送信できないように見えて実は送信されてるという結果になりました。
これに気づかないと同じメールを相手に何度も送り続けることになります。厄介ですね。

あとはアドオンが邪魔してる場合もあります。アドオンを無効化して試してみるといいかもですね。

ともかく、今のところさくらが公式に設定情報をわかりやすく出してくれません。
ここに書いたことも情報が古くなれば公式が情報を出さずに手探り状態になるでしょう。
2年くらい経ったらこの情報は信用できないものになるかもしれません。

さくらさん、こういう設定情報はちゃんと出して下さい。頼みますから。